人気ブログランキング |


松代情報website


by neighborhood0246

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:メンバーコラム( 33 )

理想と現実?

私は農家です・・・よねぇ?
実は私、情けないことに、夏野菜の『な』の字も知りません。
なので山の畑を借りて通年レタス!と考えていましたが、理想と現実を思い知り、松代という気候を生かす方向に転換です!
きゅうりの練習です!周りにきゅうり栽培の先輩が沢山いるので有り難いですね!心配もしてくれますし・・・。
大切にしていきたです!
はてさて、きゅうりの出来栄えはいかに!!
f0320754_21324932.jpg
f0320754_2135520.jpg

 
松木洋史
by neighborhood0246 | 2015-08-01 21:38 | メンバーコラム

温かい気持ちは温かい方法で伝える。

f0320754_21425041.jpg

仕事柄60代から80代90代のお年寄りと話しする機会が多い。
お年寄りはある意味昔からの生活を変えずに生きている。
たとえ変化があったとしても
昔からの暮らしをベースにマイナーチェンジしているだけである。
変わったといえば携帯電話を家族から持たされている位である。

お年寄りの携帯電話の使い方は
ある意味道具として割り切って正しく使用している様に思う。

電話を掛けたいときに掛け、掛かってきた電話を取る。
メールのやり取りは極力短文で『了解』や『分かった』が常套句。
使いたいときに使い、使いたくないときは携帯を見たりしないのだ。
f0320754_21425132.jpg


では僕たち若者はどうだろうか。。。
信号待ちで確認、休憩時間に確認、トイレで確認。
ヒドイ人だと仕事中に確認する人までよく見かける。

これは道具を道具として使用してるのではなく
道具に人間が振り回されていると言っていい状況である。

もちろん僕も例外ではないが基本線は道具として使用しているつもりだ。

超アナログ人間の僕には街を歩けば、こんな風に見えている。

《カナヅチを振りかざしながら出ている釘を探して町を歩いている》

道具は僕たち人間が使いたいときに使い、
使いたくないときは各家庭の所定の場所に置いておけばいいのである。
値段の高い道具がこんな事やあんな事が出来ると言ってきても、
それを使う為に使う機会を探して暮らす事ほどばかばかしい事はない。

だからお年寄りの携帯電話の使い方を見るとハッとする。

旧松代駅より歩いて来て下さるお客様がいる。
40代の僕でも長く感じる1.8キロの長い道のりをである。
帰り駅まで車で送っていくとお金を渡そうとするお年寄りが多い。
もちろんタクシーを使った感覚で同等のお礼をしたいという事だろう。
でも僕の中では送るところまで自分の役目と端から自負しており
もちろん受け取らずに財布に収めてもらいます。
f0320754_21425131.jpg


後日、お礼状やお礼の品が店に届く。

この感覚が僕は本当に申し訳なくもあり心地よくとても嬉しい。
手間を考えればお金を受け取ってしまえばそこで礼は完結する。
でもやはり受け取れない。
そこでお年寄りは手間も惜しまずお礼の言葉とモノにして感謝を伝える。


最近もう1つの仕事で若い人と話しする機会が出来た。
年を考えると支えたり教えたり道を示したり選択肢を与える役目が多い。
色々な形で余りこういう表現はしたくないが『してあげる』事が多い。
決して見返りを期待してやっている訳でなく言うなれば
僕が若い頃に先輩方にやって頂いた事をそのまま下の世代にしているだけ。
だからこの時点で釣り合っているはずなのです。

僕らは先輩方に先に話たようにお年寄りの感覚でお礼をした。
長い期間を掛けてして頂いた事に釣り合うお礼をし続けた。
電話やメール、インターネット、LINEなど全くなかった時代だからだ。

今はどうだろう。

僕は大そうな事をしたつもりはないが、
社会人が時間を労力を裂き
その人を思い答えに悩んで絞り出した行動や言動のお礼が
メールやLINE、メッセンジャーでのお礼文とスタンプ1つでは
何か物足りないと思う大嫌いな自分が出てきてしまう事がある。

釣り合っているはずの事に葛藤が生まれるのだ。


今日大好きな友人とこの事について話す機会があった。

お礼と謝罪は労力を掛けてでも直接会ってするべきものだ!!
と、彼は僕に言った。
僕が思っている事が他人の口から出てくると意外とビックリするものだ。

物理的に難しいのであれば、
急ぎなら電話、急ぎでなければ手紙。

有り難いと思う気持ち!申し訳ないという気持ち!
この2つはどんな時代になってもどんな便利な世の中になっても、
心が温かみがしっかり乗る道具でツールで伝えるべきなのではないだろうか!!
それが出来なければ大人からの次の親切や助け助言は無いかもしれない。

逆に言えばこういった事の出来る若者が少ないからこそ、
気付いている若者は感謝や謝罪が倍以上伝わるだろう。
伝える事が容易に出来るであろう。

道具は正しく選び正しいタイミングで使用するべきだという事だ。

お年寄りの携帯電話の様に。。。

若者よ!?
常に楽なモノをチョイスせず
手間が掛かり面倒でお金が掛かるモノも選択肢の中に入れて
その上で最良最適なモノをチョイスして下さい。
あなた方には分母が少なすぎる様に思います。


ただただ中年の面倒くさく詰まらないコラムだと思って頂いて構わない。
でも100人に1人の若者に響くのであれば発信し続けるだろう。

※お礼をして欲しいという話ではありません。
 乱分で誤解があったなら申し訳ありません。
 文章を書くスキルを上げていく努力に一層励みます。


Neighborhood松代 編集長 春日陽造
by neighborhood0246 | 2015-07-29 06:47 | メンバーコラム

地域おこし成功の最低条件。

f0320754_6265072.jpg

地域おこし、町おこしという言葉・活字が、
TVや新聞、週刊誌などで見かける事が多くなったこの20年。
もれなく我が町『松代』は過疎を食い止められていない。
この『地域おこし』『町おこし』が急務である。

今高校1年生の子が3年間で進路を決める。
東京の大学へ進学し4年間を過ごして
松代にUターンで長野の会社に入社してくれるだろうか。。。
Uターン就職をしてくれるとしたらこの3年間で町を変えなければいけない。
この子の高校3年間に今の松代を劇的に良い方向に変化させ、
高校生の間に絶対Uターン就職をしたいと思わせなければいけないからだ。
町が何も変わらぬまま大学4年間東京に住んでしまったら、
東京近郊の仕事の多様さ、利便さ、遊べる環境、若者の多さ、結婚への近道。。。
などなどで帰ってくる可能性は日に日に減少していくだろう。
この子が戻らなければその子供が松代に住むなんてことはありえない。
1人でもUターンしたいと思わせる町を作らなければならない。

だからこの町には時間が全くないのです。

高校2年生、3年生の場合で考えたらもっと時間がないのは分かるだろう。

さて、ネガティブな事はここまでにして
どう町を変えていくかの構造や過程、優先順位などを話してみる。

まず大前提に町民が松代を大好きもしくは愛していないといけない。
そして今までの町のままでいいという概念を一度頭からはずし、
危機感スピード感を町民である若者全員が共有することから始まる。
今までのやり方や歴史はもちろん素晴らしいと思うだろうが、
そのやり方に問題があったから今過疎が止まらない現状がある事を
生まれも育ちも松代の方が特に認識するところから始めなければならない。
これは否定でなく同じやり方では駄目だと言う方法論からの認識です。
今まで生きてこられた方々を否定しているのでは全くないのです。

そして特にこの町が不得手としているのが、
町にある店や飲食店、酒屋、寺院、神社、温泉、施設などを
知っていても日常的に使用しお金を落とさない事が
大きな問題であると感じる。

『地域おこし』『町おこし』に成功した地方を勉強してみると、
構造としてまずは住民が町の中でお金を日常的に落とし支え合う。
それでも賄えない部分を算出し把握し共有し観光客をどの位呼ぶと
町が黒字に転換できるかを戦略として割り出す。
地元民が日常使用してる店などは観光客から見れば良い店だと思う。
その感覚を持っている状況で住民個々のお気に入りの店などを
観光客に教え薦めてあげることで熱量が伝わりそこに足を運んでくれる。

今最も松代に欠けているのは
住民が町の良い店などを知っていても日常的に使用せず
郊外でお金を落としている現状が大きな問題点である。
町で稼ぎ町でお金を落とさなければ経済など回り始めない。
それが回るようになった時初めて観光客の上澄みに期待する。
住民が行かない店に観光客が喜んで行く訳はないのですから。。。
町の店で住民客と観光客の交流があってこそ町に活気が出るのです。

その後に、町に最低限必要なモノの整備だと思う。
WiFiの飛ぶCafe、ランチが美味しい店、ディナーのできる店、
23時位まで呑める店、本屋、図書館、若者の感覚の観光案内などなど。

県外、長野県近郊からとりあえず松代に昼前に来て、
WiFiのあるCafeに入りスマートフォンで今日の観光のプランを立て、
Cafeの店員に歩いて回るのか自転車が良いのかなど聞きながら、
ランチしてCafeを後にし町を散策しながら1日楽しんでもらい、
面白い町だから急遽松代に宿泊を考えたりする。

こんな事が出来るのが普通のごく当たり前の町であり、
今の若者の身の丈のお金を掛けない旅なのだ。

4月に『ゲストハウス布袋屋』がOPENした事は町の突破口になりそうだ。
安く泊まれる宿は出来たのだから
後は何を作ればいいのかは上記に記載した通りである。

正直そんなに難しい事ではない。
店舗を作ることのできるスキルを持った人も沢山いる。
店で料理やお酒を作ることのできる人もたくさんいる。
美味しい野菜やフルーツは町に十分ある。
本屋だってセレクト本屋なら長野駅でも何店舗もある。
松代で出来ないわけがない。

まずは町の店を私たちが笑顔で日常的に使い、
町に足らないモノを理解し1つ1つ皆で作っていく!!

これで町は大きく変わる第一歩を踏み出せる。

他の町の成功例を見てみるとただこれだけの事を
スピード感を持ってやっただけでその後は町のプレスを上手くすれば
町が過疎からUターンや移住者が増え人口は増えるだろう。

20年後、30年後は今と違う新しい活気ある賑やかな松代になるだろう!!

松代町は住みやすく育てやすい町なのだから。。。

最後に、
あの観光都市鎌倉ですら40年数年前に江ノ島電鉄(通称江ノ電)が
廃線危機になった事があったそうです。
そこで市民と行政が動き、鎌倉高校、七里ガ浜高校を作り、
学生が毎日乗る通学電車にし復活したそうです。
私は藤沢で育ったのでこの学校に江ノ電で通う事を夢見た位です。

町は必ず変わる。
良いモノは絶対に潰さないと言う熱量が鎌倉藤沢にはあったそうです。

松代を潰さないと言う熱量を僕たちは良い方向に向けるべきだ。

※写真は何もなかった松代に20代の男一人が湯田中から移り住み
 大日山を削り長礼を埋め立て整地し温泉を掘り旅館を作った際の
 昭和5年1930年のオープニングセレモニーの風景です。

Neighborhood松代 編集長 春日陽造
by neighborhood0246 | 2015-07-25 07:51 | メンバーコラム

あ”~‼‼‼‼‼

トラクターで畑の耕運作業・・・
「よし!あと片道行けば終わりだ!ロータリー上げてターンしよう!」
ガラガラガラガラ・・・
「ん?」
後ろを振り向くと・・・。
f0320754_229115.jpg




























「あ”~‼‼‼‼‼」
今年の春にかなりの安値で譲って貰ったのですが、年式が古く半年で限界が訪れてしまった・・・。
・・・色々な意味で農園のマジピンチです。

こんな広告もあり、流されそうですが、冷静に冷静に・・・。
f0320754_22165311.jpg
f0320754_22173586.jpg































人生最大の山に来たみたいです・・・。

松木 洋史
by neighborhood0246 | 2015-07-20 22:41 | メンバーコラム

親切の正のサイクル。

f0320754_13321028.jpg

10円で簡単にWinWinを作る方法!?

最近、街の活性化に携わり
20歳からやっている10円で皆が幸福になり
街を素敵な気持ちで気分良く経済に貢献して頂く方法。

余り言いたくないが裏技
(店で働く人間では当たり前の話)言っちゃいますw

私の働く温泉業での例。

温泉から上がりランチの美味しい店を聞かれる。
僕は松代町で3つの選択肢を持っている。
自分が行って食してみて本当に美味いと思った
3つだけだ。

お客様の気分や好みを聞き1つを選んで頂き、
僕がそのお客様の前で携帯でお店に電話する。
お店側に人数と時間を告げお客様の名前で予約を入れる。
もちろん温泉名と私の名前を名乗り電話する。

お客様は親切にされしかもおいしいランチを食べられる。
飲食店側はお客様に親切にし来て下さった事を感謝し、
お客様を紹介した私の温泉への印象も良くなる。

損をした人は誰もいない。
みんな親切な気持になりWinWinの関係である。
もし損を探すなら僕の電話代10円だけだ(笑)

普通は美味しい店を教えそれで終わり。。

もう一つ踏み込んだ親切が接客が街を良くするんです。
あと1分であと10円で。。。

皆様はできていますでしょうか?☆

そういう町になったら
観光地として、移住地として選ばれるはずです!

春日 陽造
by neighborhood0246 | 2015-07-17 10:51 | メンバーコラム

7月14日の3つのこと・・・。

暑い・・・いや、『熱い』の方が合ってるぐらい!

そんな中、標高700mの場所でのグリーンリーフ栽培実験・・・
半分防虫ネット、半分野ざらし、こんなにも違うんですね!
f0320754_2226876.jpg


その帰り、種蒔ハウスに野良猫が!
逃げようとしたので、「ちょっと待って!暑いんだからそこにいていいよ!」と言ったら、逃げるのやめて、またグタ~っと・・・。言葉か気持ちが通じた?
松代は暑いですが、平和みたいです!
(o^^o)v
f0320754_222813100.jpg


最後に、先日neighborhood松代で紹介のあった『松代一本ねぎ』情報!
11月からの出荷に向け、3回目の土寄せ終わりました!
長ねぎは、7月中旬からお盆頃までお休み状態になるので、それまでは子守唄を唄ってあげる程度です。
ゆっくりおやすみ~zzz
f0320754_22294013.jpg


松木洋史
by neighborhood0246 | 2015-07-15 22:32 | メンバーコラム

第二弾

『仕事愛用アイテムシリーズ』
第二弾!

facebookで欠かさず私の投稿をご覧の方(いねーよ!)はお待ちかねと思います(待ってねーよ!)第二弾がやってきました!

今日、ある仲間から有り難い悪意のあるメッセージを頂いた(嬉しかったよぉぉぉ!)のでそのお返しとして紹介します!

その名も『傘帽子』・・・多分・・・。正式名称は知りません。

研修先のお母さんがフィリピンで買って使っていた物を、同期の研修生にあげて、その彼から貰いました。
涼しいとまではいきませんが、結構効きます!
日本でもネットショッピングで、釣り具のカテゴリーで売ってますので是非ご愛用を!
欠点・・・風が吹くと飛んで行くぅぅぅ・・・。
あぁ、今日も眠れなそう・・・。

因みに第一弾はこちらをクリック↓
https://www.facebook.com/hiroshi.matsuki.121/posts/1457772534467681
f0320754_0404672.jpg
f0320754_0413764.jpg
f0320754_0415634.jpg


松木洋史

by neighborhood0246 | 2015-07-13 07:48 | メンバーコラム

松代散歩 part.2

さてさて松代散歩第2回目となりました。

今回の散歩は西条地区にある「中村神社」です。

前回ご紹介した神田川をさかのぼっていくと

一際大きな木が生い茂った場所が中村神社です。

歴史は古く、延長5年(927年)にはあったと言われているそうです。

その後焼失し、1569年に再建されたようです。

正面には白い鳥居があります。らぶさん眩しそう。
f0320754_19122587.jpg

鳥居をくぐると巨大な巨木が!
f0320754_19125333.jpg

樹齢は相当いってますね。間違いなく。

そして境内をすすむと拝殿が見えてきました。
f0320754_19133061.jpg

昔からよく遊び場にしていましたが、

そのころに比べてだいぶ綺麗に整備されております。

そして拝殿脇にはこんな掲示が。
f0320754_191417.jpg

どうやら御祭神は…

素戔嗚命(スサノオノミコト)
天児屋根命(アマノコヤネノミコト)
大国主命(オオクニヌシノミコト)
建御名方富命(タケミナカタトミノミコト)
事代主命(コトシロヌシノミコト)

を祀っているようです。
f0320754_19143334.jpg

らぶさんとお参りですね。(らぶさん何か狙ってる…)

また、前回平成15年の善光寺御開帳の折には、

こちらの神社の巨木を奉納しております。

それは江戸時代に幕府の指示で善光寺の本堂を再現したのが

松代藩だったことによるものだそうです。

昔から松代は頑張ってたんですね。神社の南には西条小学校があります。
f0320754_19151221.jpg

f0320754_19153432.jpg

この辺の神田川にももうすぐ蛍がとびます。そしてこんな看板も。

「誘いの道案内略図~古代から未来へ~」
f0320754_19162888.jpg

色々と西条地区の見てまわれるポイントが紹介されています。

(らぶさん…)またさらにランニングコースの看板も!
f0320754_19165858.jpg

体力づくりをしたい方は是非お勧めですよ!

ではまた。

                                        宮尾聡

中村神社のMAP
https://www.google.co.jp/maps/place/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E7%A5%9E%E7%A4%BE/@36.5497152,138.1996117,19z/data=!4m2!3m1!1s0x601d9ad877b361c9:0x54ddb23273e83a05?hl=ja
by neighborhood0246 | 2014-05-23 19:18 | メンバーコラム

やっとこさ・・・家紋が・・・

家紋第2弾!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・の準備が出来ました!
こんばんは、まっつぁんです!(^o^)/

前回「近々第2弾・・・」と言っておきながら仕事の出来ないまっつぁんは、
こんな様ッス!(ToT)

でも一歩前進です!


『こんな報告いらねーよ!』って今思ったでしょ?!(^皿^)
では、第2弾をお待ち下さいね!

『近々じゃなくなったのかよ!』って今思ったでしょ?!(^皿^)

お楽しみは・あ・と・で♡

失礼しました!ε=ε=┏(・_・)┛
f0320754_22015717.jpg

あ、それと、これを3階でこの本達を買って1階に降りたら
こんなのも売っていたので思わず買ってしまった・・・。

商売上手な本屋さんだ☆

iPhoneにしたら貼り付けよーっと☆

ちなみにこれ、まっつぁん家の家紋です!(^^)v
f0320754_22041542.jpg

                                       松木 洋史




by neighborhood0246 | 2014-05-21 22:21 | メンバーコラム

お金を扱い使うという責任。

f0320754_1703428.jpg

お金の話。

日本人はお金の話をする事を好まない人種だと言われています。
欧米ではお金の話をよくします。良い意味でも悪い意味でも。
お酒を呑みながら、家族で食事をしながら、子供達同士でも。

北米に比較的長く住んでいた僕の感覚では
いまの日本人はお金を稼ぐ事は比較的上手であるが、
汗水流して稼いだお金を使う事が上手ではないと感じる。

   『お金には名前が書いてない』

なんて良く年配の方から聞いたりしますが
僕はそう思わないのですよね。。。

   『お金には名前が書いてあると思い使う』

が僕の正解である。

特に会社経営や自営や農家、個人で仕事をしている人には
比較的共感をして頂けるかもしれませんが、
自身の収入は誰かが働いて得た大事なお金から頂いている訳で
適当なところでその大事なお金を支払う訳にはいかないという責任感。

ある意味、お金に名前らしきものがある感覚なのだ!?

逆に言えば、その大事なお金を
チェーン店の飲食店などに支払う訳にはいかないのです。
同じ1,000円でも個人で頑張っている美味しいお店に支払うべきなのだ。
そしてこの美味しいお店の店主がまた僕の名前の書いたお金を
頑張っている会社やお店に支払う事で、
お金の使い方の上手な人のサイクルがループしだすのだ。

    『頑張って働き得たお金を 頑張っている人に支払う』

これを1人でも多くの方が理解し行動することで
地方の町にありがちな
ファミリーレストランやコンビニ、パチンコ店、チェーンの飲食店という
変わり映えのない町は少しづつ消えていく事だろう。

そしてこの我が町松代、唯一無二の光景が広がる町になるだろう!!


最後にもう一度

お金には名前が書いてある事を覚えておいてほしい。


                                        春日 陽造
by neighborhood0246 | 2014-05-02 19:26 | メンバーコラム

長野市松代町エリアの
生活情報website!!

新聞やFree Paperでは
得られない住民レベルの
コアでディープな街情報
を松代在住の熱いメンバー
が紹介します。


Neighborhoodとは
英語で近所,近郊(地),
界隈,周囲という意味。

カテゴリ

全体
はじめにお読み下さい
メンバーコラム
生活 小売店/商店
生活 酒屋
生活 和菓子店
生活 特産物/土産店
生活 スーパーマーケット
生活 保育/幼稚園等
生活 車等修理
生活 病院関係
生活 飲食店 ランチ
生活 飲食店 ディナー
生活 居酒屋/スナック等
生活 銀行/信用金庫
生活 住宅賃貸/売家
趣味 公園等
趣味 スポーツ施設等
趣味 音楽系
観光 イベント・お祭り
観光 寺/神社
観光 温泉/銭湯等
観光 美術館等
観光 歴史的人物
観光 歴史的建造物等
観光 山
観光 Outdoor
観光 地震観測所
農業
林業
企業/工場
売ります・買います
お知らせ・ご挨拶
松代イベント企画中
NBH松代メンバー紹介
未分類

記事ランキング

最新の記事

令和元年初のTOMOYAAR..
at 2019-09-09 10:45
TOMOYAARTS20周年..
at 2017-04-27 10:40
北欧ほっこりナイト♪♪
at 2017-04-09 18:53
『おそおそカー』の提案。
at 2017-04-05 11:32
皆神山春マラソン
at 2017-04-04 20:25

以前の記事

2019年 09月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

お気に入りブログ

Welcome to m...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン