人気ブログランキング |


松代情報website


by neighborhood0246

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:農業 ( 10 ) タグの人気記事

松代町東条のあんず畑


f0320754_10064008.png
松代町東条にある広大なあんず畑。
奇妙山(きみょうざん)の西側に当たる麓から中腹ににかけて
あんずの木が植えてあり濃いピングの花が付く時期には
多くの環境客や地元民が花見で楽しむ知る人ぞ知る穴場です。

車に乗ったままぐるっと花見できるのもここの特徴!

本日、視察に行ってきましたがご覧のように
夕日は美しく素晴らしい景色は望めました、
あんずの花はまだつぼみも見当たりません。
麓のほうはつぼみを付け始めてることから
今年の見ごろは4月10日前後と思います!!!

多少時期がずれても山に植えられいてるため
麓が先に咲き始め上のほうは満開はかなり後!!
その山のどこかで満開の花は見られます☆

本当に美しい松代のあんずの花!!!
是非、美しい春を感じ美しい花を愛でてみてください。

春日 陽造




by neighborhood0246 | 2017-04-02 18:21 | 観光 イベント・お祭り

牧野真弓『旅する北欧展』4月1日(sat)~4月11日(tue)

f0320754_21465573.jpg
地域おこし協力隊というものをご存知ですか??

実は2年前の2015年6月にこの松代地区にも
長野市地域おこし協力隊が初めて2人誕生しました。
その1人である牧野真弓さん。
地域おこし協力隊として松代町の農業を支え、
松代町観光親善大使 小松姫として松代町の観光をお手伝い。
そしてワーキングホリデー経験活かし
松代へのインバウンド(外国人観光客誘致)活動にも参加。

そんな牧野真弓さんが4月1日(土)より
人生で初めての個展『旅する北欧展』を開催します。
場所は4月8日松代肴町に新しくOpenする
古民家をリノベーションした『かごcafé コノハナ サクヤ』の
2F貸しスペースにて行われるそうです。

彼女が松代町と同じくらい愛する北欧への2度の旅で
こつこつ買い付けた北欧雑貨や北欧食器,先住民族の工芸品,
ポスターやポストカードなどなどなど。
f0320754_19350818.jpg

f0320754_21470837.jpg


『森』をテーマにした会場にて
自ら思いを語りながら展示販売するそうです。
f0320754_21472550.jpg
併せて北欧旅で感じた彼女なりの色々な思いを
coffeeを飲みながら写真や商品を通して
皆さんに話し伝える時間もあるそうですよ♪♪

旅ブログもぜひご覧ください。
田舎暮らし、ときどき北欧。


こちらの個展はアポイント制です。
詳細は下記のイベントページをご覧ください。

facebookのアカウントをお持ちでない方は
下記のメールアドレスまでお問い合わせください。
tabisuru_hokuou@yahoo.co.jp

最終日の11日(火)満月の夜17時~21時は、
お酒を飲めるイベントもあるそうです♪♪
こちらはアポイントは必要ないそうです。
こちらだけでの参加も可能だそうです。





by neighborhood0246 | 2017-03-26 21:26 | 観光 イベント・お祭り

『松っつぁんグリーンリーフ』情報!

凄い!

これ!?みて下さいよぉぉぉ!
f0320754_2254579.jpg

f0320754_2263571.jpg

昨日燻炭を撒いた畑の写真です!
去年の春に撮った写真じゃないですよ!
安心して下さい!撒いてますよ!
証拠に土の上がくろいでしょ?

・・・別に誰も疑ってないか・・・。

まぁ一日で溶けたのは昨日今日の気温のお陰もあると思いますが、隣の畑と比べると違いがわかりますね!☆(^^)v
f0320754_22105536.jpg
f0320754_22112129.jpg

実際は気温が低くてもお天道様が出ていれば、2・3日でこうなる・・・とか?
松っつぁんグリーンリーフの為に毎年実行決定です!

後は、マルチ(畑の畝に被せるビニール)を貼る為に畑の土が乾くのを祈るのみ・・・あ”ぁぁぁ神様ぁぁぁ

              まっつあん(松木 洋史)
by neighborhood0246 | 2016-02-13 22:19 | メンバーコラム

学ぶこと・・・2

自分は川上村で1年間厳しい研修を受け、約2年半前に就農しました。
その時、気付いたこと・・・独りは寂しい・・・。
川上の1年間よりその方が辛い気がしました。そう、川上の1年間は同じ5人の研修仲間が居たから頑張れたんだと・・・。

今年は途中まで1人雇いましたが、やっぱりモチベーションが全然違いますね!
一人だとやる気がない訳ではありませんが、仲間が居るとより上がる!
人間て不思議だなぁ・・・

真面目な話はこれぐらいにしておいて、

これは内緒にしてほしいのですが、実は・・・一人農業2年半やっていると、生き物(主に虫)と会話が出来るようになるんです!(o^-^o)







・・・んなわけあるかい‼‼‼‼‼
(ーДー#)/

でも、一人農業してると、きゅうりの収穫時にミツバチを見つけるや、「俺はお前の仕事の邪魔しないから、お前も俺の邪魔しないでね!♡ etc話しかけてしまいます!♡♡

どうぞ皆さん引いて下さ~い!\(^o^)/

俺は生き物達に癒され、助けられています!!(^-^)v

f0320754_2162850.jpg

f0320754_2195629.jpg
f0320754_21101457.jpg


まっつぁん(松木 洋史)
by neighborhood0246 | 2015-09-13 13:42 | メンバーコラム

学ぶこと・・・

前回、娘達の結婚相手募集しましたが、今も順調に婚活中です!

私は川上村という、高原野菜日本一のところで研修を受けてきて、夏に作る野菜について、山の畑も借りて通年で高原野菜を・・・etc...どうしようか色々模索してきました。
そんな中色々な仲間がきゅうりやトマトの提案をしてくれたにも関わらず、夏野菜のなの字も知らないを言い訳に断ってきました。
しかし、今年の秋から来年に向けて、きゅうり栽培の練習を始めてみたらハマってしまった松っつぁんがここにいます。
きゅうり自体の出来は自己採点で・・・40点!

食わず嫌いは本当に良くないですね!
反省です。
その反面、心配して根気よくアドバイスしてくれた仲間にごめんなさい!そして本当にありがとう!

やっとやっとやっと方向性が固まりました!
後は突っ走るのみ!・・・かな?

f0320754_22454429.jpg

f0320754_2246401.jpg
f0320754_2247863.jpg


松木 洋史
by neighborhood0246 | 2015-09-06 22:52 | メンバーコラム

『松代一本ねぎ』情報!

ひと月前からお休みに入っていた
松代一本ねぎ子達が起き上がってきました!
それに伴い、追肥・土寄せ完了です!
大きくなれよ~~。

娘達を嫁に出すまでまであと約2ヶ月半ほど・・・
娘が嫁に行っても俺は泣かない・・・うん、泣かない・・・(ToT)

f0320754_22591223.jpg
f0320754_22595351.jpg


松木 洋史
by neighborhood0246 | 2015-08-25 14:03 | メンバーコラム

理想と現実?

私は農家です・・・よねぇ?
実は私、情けないことに、夏野菜の『な』の字も知りません。
なので山の畑を借りて通年レタス!と考えていましたが、理想と現実を思い知り、松代という気候を生かす方向に転換です!
きゅうりの練習です!周りにきゅうり栽培の先輩が沢山いるので有り難いですね!心配もしてくれますし・・・。
大切にしていきたです!
はてさて、きゅうりの出来栄えはいかに!!
f0320754_21324932.jpg
f0320754_2135520.jpg

 
松木洋史
by neighborhood0246 | 2015-08-01 21:38 | メンバーコラム

あ”~‼‼‼‼‼

トラクターで畑の耕運作業・・・
「よし!あと片道行けば終わりだ!ロータリー上げてターンしよう!」
ガラガラガラガラ・・・
「ん?」
後ろを振り向くと・・・。
f0320754_229115.jpg




























「あ”~‼‼‼‼‼」
今年の春にかなりの安値で譲って貰ったのですが、年式が古く半年で限界が訪れてしまった・・・。
・・・色々な意味で農園のマジピンチです。

こんな広告もあり、流されそうですが、冷静に冷静に・・・。
f0320754_22165311.jpg
f0320754_22173586.jpg































人生最大の山に来たみたいです・・・。

松木 洋史
by neighborhood0246 | 2015-07-20 22:41 | メンバーコラム

7月14日の3つのこと・・・。

暑い・・・いや、『熱い』の方が合ってるぐらい!

そんな中、標高700mの場所でのグリーンリーフ栽培実験・・・
半分防虫ネット、半分野ざらし、こんなにも違うんですね!
f0320754_2226876.jpg


その帰り、種蒔ハウスに野良猫が!
逃げようとしたので、「ちょっと待って!暑いんだからそこにいていいよ!」と言ったら、逃げるのやめて、またグタ~っと・・・。言葉か気持ちが通じた?
松代は暑いですが、平和みたいです!
(o^^o)v
f0320754_222813100.jpg


最後に、先日neighborhood松代で紹介のあった『松代一本ねぎ』情報!
11月からの出荷に向け、3回目の土寄せ終わりました!
長ねぎは、7月中旬からお盆頃までお休み状態になるので、それまでは子守唄を唄ってあげる程度です。
ゆっくりおやすみ~zzz
f0320754_22294013.jpg


松木洋史
by neighborhood0246 | 2015-07-15 22:32 | メンバーコラム

脱サラIターン百姓の奮闘記

f0320754_072121.jpg
 

東京でのビジネスマン生活に終止符を打ち、
2014年4月より松代町で百姓を始めようとしている
若者がいる。
 彼は非農家で農業未経験。横浜出身で生粋のシティーボーイだ(古?)。昨年の3月に大手飲食企業を退職し、1年間の準備期間を経ていよいよ4月より本格的に農業経営を開始する。


f0320754_0153564.jpg
17年前、松代町へ訪れたとき、
見渡す限りの山々と満点の星空、
古き良き日本の田園風景に一瞬で
魅せられ、いつかこの町を我が故郷
にしようと決めた。
 そして夢は現実となる―。



彼の農園は長野インター付近に点在している。果樹畑や長芋畑が盛んな地域で
ある中、有機栽培で50種類100品種以上の野菜の生産を実践しようと画策中だ。
 彼曰く、
f0320754_023518.jpg「自分が食べたいものをつくることが大前提。そして家族や友人が旬の野菜たちを楽しみながら安心して食べてもらえる食を提供したい。だから困難は承知の上で人と地球にやさしい循環型の有機栽培で、季節に応じて多品目栽培を実践したい。さらに農業は生産物だけが仕事の成果ではなく、生産のプロセスにこそ多様な価値があると考えている。だから単に野菜をお届けするだけではなく、実際に生産にもかかわる機会を提供したり、生産者とお客様が直接つながる農業を目指し、地域にも貢献できる働き方、生き方をしていく。」

―農と食を通じて通じて笑顔あふれる社会の循環をつくる―
彼の想いはこの松代で花開くのか?

松代で笑顔あふれる野菜をお求めの際は、「信州松代 みやざき農園」へ
お越しください。

                                      宮崎康介
by neighborhood0246 | 2014-04-08 00:27 | 農業

長野市松代町エリアの
生活情報website!!

新聞やFree Paperでは
得られない住民レベルの
コアでディープな街情報
を松代在住の熱いメンバー
が紹介します。


Neighborhoodとは
英語で近所,近郊(地),
界隈,周囲という意味。

カテゴリ

全体
はじめにお読み下さい
メンバーコラム
生活 小売店/商店
生活 酒屋
生活 和菓子店
生活 特産物/土産店
生活 スーパーマーケット
生活 保育/幼稚園等
生活 車等修理
生活 病院関係
生活 飲食店 ランチ
生活 飲食店 ディナー
生活 居酒屋/スナック等
生活 銀行/信用金庫
生活 住宅賃貸/売家
趣味 公園等
趣味 スポーツ施設等
趣味 音楽系
観光 イベント・お祭り
観光 寺/神社
観光 温泉/銭湯等
観光 美術館等
観光 歴史的人物
観光 歴史的建造物等
観光 山
観光 Outdoor
観光 地震観測所
農業
林業
企業/工場
売ります・買います
お知らせ・ご挨拶
松代イベント企画中
NBH松代メンバー紹介
未分類

記事ランキング

最新の記事

令和元年初のTOMOYAAR..
at 2019-09-09 10:45
TOMOYAARTS20周年..
at 2017-04-27 10:40
北欧ほっこりナイト♪♪
at 2017-04-09 18:53
『おそおそカー』の提案。
at 2017-04-05 11:32
皆神山春マラソン
at 2017-04-04 20:25

以前の記事

2019年 09月
2017年 04月
2017年 03月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月

お気に入りブログ

Welcome to m...

検索

タグ

その他のジャンル

ファン